浴衣を扱うお店の総合情報サイト



浴衣の着付けについて

①着付ける前に、用意しておく小物をチェック!
(1)肌じゅばん (2)裾よけ (3)帯板 (4)腰紐 (5)伊達締め (6)タオル

(1)、(2)はキャミソール&スパッツなどで代用可能です。(6)は帯を安定させるため、身体の凹凸が少なくなるように、タオルをウェストまわりにまいて体形を補正します。

②浴衣をはおります。
浴衣をはおり、衿を前中心で合わせて背縫いが背中心になるようにします。

③着丈を決めます
手を伸ばした位置で衿を持ち、裾を引き上げます。着丈はくるぶしがかくれるくらいの位置に決めます。

④上前を(腰の位置に)決めます
上前(左手側)を右の腰骨の位置に合わせて上前幅を決めます。上前を開き下前を入れ込み、上前も重さねます。

⑤腰紐を結びます
腰ひもの中心を前のウエスト位置に当て、後ろで交差して前へ戻し、しっかり締めます。結び方は片花結びにし、ひも先は腰ひもにはさみこみます。

⑥おはしょりを整え、衿を合わせます身八ツ口から両手を入れて、おはしょりを整えます。
後ろのおはしょりもきれいに整え、衣紋(後の衿)をこぶしがひとつ入るくらい抜きます。下前のおはしょりを斜めに折り上げ、衿合わせはのどのくぼみの所で左右対称になる様に合わせます。

⑦伊達締めをいたします
胸ひもの上に伊達締めをします。伊達じめも胸ひもと同じように後ろで交差して前へ戻し、二回からげて交差してはさみます。

⑧帯板をつけ、浴衣姿の出来上がり帯板をつけて、浴衣姿のできあがりです。